...............<基本的に那覇空港ベースの飛行機BLOG|Runway36R>
夕焼けアプローチ(その2) [OKA/ROAH]
昨日の出来に納得できず、今日も夕暮れのアプローチを狙いに行ってきました。
撮影ポイントを残波岬に移し撮影開始。
飛行機から見ると近くに見える残波岬ですが、実際に行ってみると、(飛行機が)遠い遠い。
離島便のライトターンも遥か南。
今日はポイント選定大失敗でした。

c0166094_23413962.jpg

那覇空港へ向けてライトターンしてファイナルアプローチ中のChina Airlines。
今日はA330-300だったんですね。
これだったら那覇空港から狙っていれば良かった。


c0166094_23414842.jpg

嘉手納から飛んだP-3Cが北方向に飛んで行きました。


c0166094_23415581.jpg

わかりにくいですが、JALのB777-300の機影


飛行機の戦果はこれくらいです。
夕陽の頃には本土便のアプローチ機も少なく、飛行機を撮りにきたのではなく、夕陽を撮りに来た状態に...。
日没1時間前に来た時は観光客がぱらぱらいるくらいでしたが、日没時刻になると、至る所に人が...。数えきれませんでした。(爆)
残波岬だけでなく、他の場所でも多くの人が同じ夕陽を見ているかと思うと不思議な気持ちになります。

c0166094_23493715.jpg


今日は微妙なグリーンフラッシュでした。
昨日の方がはっきり見えましたね。
c0166094_234297.jpg


c0166094_23435422.jpg

最後のカットの等倍切り出し


昨日のを見返しながら、本当にグリーンフラッシュか?レンズ光学的な原因で色がついているだけじゃないよな?
と思いつつ、他の所に色収差が出てないので“見えた”と信じることにします。(^.^;
しかし、2日連続で見たのは初めてでした。
夕立が多いので塵が落とされて空気が澄んでいるのでしょうか。

夕陽を見た皆さんも一様に満足げに帰って行ったように見えました。
朝陽もいいですが、夕陽の方が何故か魅了されるんですよね。


明日からまた仕事頑張るとしましょうか。
来週末は普天間基地のお祭りです。
[PR]
by okadaicacid | 2010-08-01 23:59 | 風景
<< 高知龍馬空港(その3・空港デッ... 夕焼けアプローチ&グリーンフラ... >>